2013年 09月 30日
AJPC2013 IN AZUMINO -06/29-
サラリと行かない内容もあります(笑)
こればっかりは、かなり長くなりますが、どうぞお付き合い下さい・・・


All Japan Players Cup
- Game of the players by the players for the players -
d0170566_12321072.jpg

////<OUTLINE 趣旨>/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

名前は聞いたことがあるけど、あのチームはどんなゲームをするのだろう?
全国のプレーヤーの中で果たして自分のチームはどの位なんだろう?
「できることならすべてのプレーヤーを集めてゲームをしてみたい」
そんな声が一部のプレーヤーから上がり、数名の有志を中心に、
All Japan Players Cup の企画が進められてまいりました。

これは新団体などではなく、
プレーヤー達が自分の手で作り上げている、いわば、
「プレーヤーの プレーヤーによる プレーヤーのための 年に一度の ワンメイク大会」です。
種目はディスタンスのみ。

「愛犬とディスクドッグを愛する者」であれば誰でも参加できます。

すべてのプレーヤーが同じコートの中で愛犬にキャッチさせる・・・。

それが All Japan Players Cup です。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////AJPC Homepageより////////


我が家、だから家がディスク競技の大会に初めて参加したのは、2010年06月12日。
朝霧で行われている“Mt.FujiCUP”だった。

この時参戦したのは、まだ8ヶ月のビオラ。
参加カテゴリーはディスクではなく、レトリーブだった。
ちなみにカラーは見学(笑)

その後、カラーもすぐにディスク大会に参加。
でもやっぱりカテゴリーは、レトリーブ。

競技に対して、入り込みやすいビオラに関しては、
レトリーブ(ボールを使って)と同時進行で、ディスク(始めは布製だった)も練習していた。

そして翌年の2011年には、第7回になるAJPCという大会を知った。
「こんな凄そうな大会、出てみてぇーな~」と、すぐに俺は思った。
で、目標の1つに『 AJPC に参加 』を掲げた。

ただ俺には、自分流の考えがあり、
まだ1歳に満たない成長期のカラビオには、ディスクを本格的にやらせることはしたくなかった。
それは、ダイナでイタい経験をしていることもあったのだが・・・

まず、基本の身体づくりを、と考えたからだ。
サイトハウンドで最も重要と俺は思う“走ること”に重点を置いて、ドッグスポーツではDTRやコーシングに参加。
それとプラス、
いろんな場面、瞬間に対応できる筋肉づくりと、呼び戻しの躾けを兼ねて、レトリーブをしばらく続けた。

何度も言うようだが、普段練習するってことがほとんどない我が家┐(´д`)┌
今でも、カラーとビオラとディスクを合わせられる機会は、実に少ない。
(そういった広くて安全な場所が、近所にないのが1番の理由かな~)

そんな中でも、ビオラはすぐにディスクのキャッチを覚えてくれたから、ラッキーだった(*^^)v
こういった遊びが、本当に好きなんだと思う。

そのおかげで徐々にだが、カラーも影響を受け、
いつの間にかディスクをキャッチするようになってくれた(笑)
布製DからジェリーD、そしてディスクと、段階を踏んでだから、時間は掛ったけどね(*゚ー゚*)b

だがすぐにはレトリーブからディスクへと参加カテゴリーの移行はしなかった。

レトリーブを始めたからには、ビオラに関しては、何か記録になるものを残そうと、
カラーに関しては、2Rとも集中を切らさず最後までレトリーブが出来るようになるまで、と思っていたからだ。

そう目標を掲げた2011年。
Mt.FujiCUPにて、全6回大会レトリーブクラス全優勝を成し遂げ、
その他、HyperfliteJapan、DDJOpenでも、レトリーブで優勝。
1つ、ビオラがレトリーブで、目標以上の満足いく結果を残してくれた。

同じくして、カラーもまた、良い成長を遂げてくれた年でもあった。
諦めずにトライし続けた結果、2Rとも集中を切らさずに競技に向かえるようになったのだ。

・2011年、ビオラは競技への安定感を、カラーは基礎を身につけられた年だった。

その傍ら、2011年の6月にビオラは先行してディスクに初挑戦。
1歳8ヶ月のときだった。

その年の10月、HyperfliteJapan秋ヶ瀬定例大会にディスクで初参加。
それがなんと!ビギナークラス初参戦で優勝してしまったんだな(*^^)v

カラーのディスクデビューは、それから遅れること1年。
2012年10月のすいらんフェスタだった。
プレーヤーは、赤パパ!(笑)
これがキッカケで、カラーも随分ディスクが好きになってくれたんだ♪

それから、カラーにはレトリーブのときでもディスクを使うことに。

その同じ月に参加したHyperfliteJapan秋ヶ瀬定例大会レトリーブ・レギュラーで、
なんと2位入賞を果たしたカラー!!
あのカラーがっ!!・・・って、凄く嬉しかったな~。

・2012年、カラビオの身体、成長も安定し、レトリーブからディスクへ移行させた年。
俺的には、「AJPC・・・来年こそは!」と熱く思い、ディスクにトライした年でもあったな(笑)

AJPCは、JFA、NDA、AWIの3団体を主に参加しているプレーヤーがほとんど。
それもそのはず、その3団体で優秀な成績を残していれば、優先に参加できる。
またその3団体のスタッフが、運営協力もしている。

だが我が家は、JFAにもNDAにも参加経験はない。
AWIにも参加したのは1度キリ。

そんなもんだから、参加するには、自分の技術を上げることはもちろん、経験も必要。
ただあくまでも我が家は、現在もルアーコーシングを1番と念頭に置いている。
全ては、NPAルアーコーシングJapanCupファイナルに繋げられるように・・・と。

コーシングとディスク、両立させるのは、本当に大変・・・というのが本音(´ω`;)
カラーたちに、無理させないよう、俺なりのスケジュールを組んで、各大会には参加しているのだが・・・。
健康管理を全面的に見ている未央も、苦労してるし、
この二つの競技、両方で同時に成績を残そうとする難しさ、各大会へのもって行き方などなど。
でもって、大会ばかりだと詰らないので、家族で出掛けたり、ワン友たちとの遊びも楽しんで・・・と。
2012年は、そんないろんなことで悩んだな~。

でも先に上げた3団体以外が主催するディスク大会で、少しは経験も積めた。
ある意味、他では経験することが出来ないテレビでの緊張感も味わえた。
そのプレッシャーで、自分自身ディスクに対して、初めて真剣に取り組むこともできた。
競い合えたペアの方たちとのあの時間が、自分にとって凄くプラスにもなった。
NPA(AWI)のMさん&Tさんのアドバイスのおかげで、自分のスローというものが見えて来たことも、大きい収穫だった。

そして2013年。
いよいよ目標に掲げた『 AJPC に参加 』の年となった。

年初めには、またテレビの撮影が入り、素晴らしいペアの方たちとディスクで交わえ、良い経験をさせてもらえた。
放送を観てくれた、Mさん、Tさんたちから、「スローが良くなってた」と言ってもらえたことが、
とても嬉しくて、ディスクに対する気の入れ方に拍車がかかったな~。

4月にはJADCの大会で、Hさんと話し、少しだが自分のやって来たことに対しての自信がついた。
5月のHyper、6月のDDJでは、試したいことができ、自分の悪いところの再確認ができた。

AJPCの約1週間前には、またテレビの撮影があった。
そのお陰で、投げ練を今までで1番やり、自分を追い込んだ。
更には、また素晴らしいペアの方たちと競い合えたことで、自分を引っ張ってもらえた。

そして残りの1週間、AJPCへ向け、更に投げ練を・・・。

俺にできる準備はできた。

さぁ、安曇野へ行こう!
未央、カラー、ビオラ、ザフラ!

ダイナ!俺たち、やってくるからなーっ(*゚ー゚*)b


今回もよろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013年06月28日

前車中泊場に選んだ「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」に28日夜到着。

長野自動車道の安曇野IC出口で降りたんだけど、その少し前に「梓川サービスエリア」で少し休憩。
そこの駐車場に停まってた車のほとんどが、AJPC参加者の車。
その多さには、びっくりしたな~。
「おぉー、本当に明日、AJPCなんだぁー!」って、気が高ぶったな~(≧▽≦)ゞ

もちろん「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」も、AJPC参加者の車ばかり。
明日のため、もう寝ているだろう人たちばかりだった。

我が家もそこそこして、寝ようとするのだが、気が高まっててなかなか眠ることができない俺。
うん年越しのAJPCだからね・・・嬉しいやら、不安やら、もういろんな気持ちがグッチャグチャでさ。

でも明日の開場は、6:00 ∑(゚д゚;)
メチャクチャ早い!!
5:00には起きないと・・・と、これまた焦って寝れない(笑)

だけど、身体は正直だ。
仕事後の運転だったから疲れていたんだろう、気付くといつの間にか寝ていた・・・Zzz


**************************************************************************
2013年06月29日

外が騒がしく、目が覚める。
時計を見ると、まだ4時だった。

みんな、やはりスゲー気合いが入っている。
もうワンコにご飯をあげたり、散歩したりと準備を開始している。

まだ4時だよ・・・(´ω`;)

せっかく寝れて、まだ眠い・・・が、もう寝てられない。
自分も起きて、カラーたちにご飯を。

AWI(NPA)のMさんと会えた。
「今日は、よろしくお願いします!」と、初参加の上、誰も知り合いが居ない我が家は、Mさん頼り(笑)

朝の準備を終え、早々に会場へ。
って、まだ5時台だぜ・・・ディスクの朝は、ホンと早いよな~(^^ゞ

走ること数分、AJPC会場の“長野県安曇野市営牧運動場”に着いた。

2面のコート。
AJPCの旗に、たれ幕。
それを囲むタープたち。
d0170566_12454893.jpg

JFA、NDA、AWIといったステッカーを貼った、ディスクドッグ仕様の車の数々。
また各団体のJapanCup仕様のTシャツ、過去のAJPCのTシャツを着たプレーヤーたち。

「キタキタキター!!!!」

この雰囲気にブルっと武者震いしちゃったぜー!

いつもは緊張ばっかりの俺だけど、何故だか今日は緊張をあまりしない。
いろんな場所での経験が、自分を強くしてくれたんだと確信したな~。

待機場所は、AWIの大きな、おお~きなタープ(笑)の横に陣取らさせてもらい、我が家もタープを建てた。
みな、ワンコは車に待機させたり、クレートに待機させるチームがほとんどなのだが、
我が家は、いつも通りのタープ内での繋留ということに拘った。
まぁ、最前列で、しかも運営の邪魔になるようだったら、クレートないし、車待機にしたと思うが・・・(^^ゞ

しっかし、だれ~も知り合いが・・・いない(笑)
AWIの皆さんが、唯一知っている参加者。
Mさんをはじめ、未知&アポロのアユムさん、TEOのIさん・・・お世話になりますm(_"_)m
と、完全な孤独チームにならずに済んだものの、
アウェー感たっぷりな雰囲気は変わらずだった(^^ゞ

だけど荷物を車に取りに行ったとき、「あー!!!」って嬉しい人に会えた♪
つい先日、テレビでご一緒した珊瑚家の龍也氏&ママさんを発見!
「うわー♪知り合いに会えて、嬉しいッス!」と思わず肩を掴んで喜んでしまった(*´∀`*)
しかも珊瑚家と一緒だった、ちゃんぷ家にも会えた!
ちゃんぷパパさん、遮光ネットありがとうございました(^O^)/

いやー、皆さんと会えてホンと嬉しかったなぁ~(*´ー`)ノ


受付けが始まった。

AJPC2013のスケジュールブックと、ステッカー2枚、犬用スポドリ粉末を頂いた(*^^)v
そして・・・チョイ憧れてた、AJPCのTシャツを・・・ゲット!!

戻って、さっそく着替えた俺でした(笑)

スケジュールブックを見る・・・
そしてPC予選の順番を確認して、驚く ( ゚ω゚;)!
「未央・・・カラーが、、、全体の3番目だよ・・・」
「えー!マジで!?」
初参加で、3番かぁ・・・ん~、もうちょっと後ろが良かったなぁ~。
でも最初じゃなくて良かったと、すぐに気持ちを切替えられた。

PC予選は、3ブロックに別れていて、各ブロックの開始前に、そのブロックに入っているチームの投げ練がある。
カラーは1ブロックの3番目、ビオラは2ブロックの7番目だ。

今回目指す最高の結果は、カラーとビオラで予選突破!
これが達成できたら、きっと泣いちゃうかも!(笑)

でも現実を言うと・・・
カラーは、ミドルレンジでのキャッチ&帰りに俺を通り過ぎないこと(笑)。
d0170566_12512151.jpg

ビオラは、ドロップをスムーズに4投できるようにして、全投キャッチ&予選突破。
d0170566_12515189.jpg

俺は、カラーに対するディスクは、できるだけ低めの山なりをつくる。
ビオラに対しては、全て狙うはロングレンジ。
共通して、焦らないこと、自分のフォームを崩さないこと、コートから外さないこと。
以上!
カラビオ!頑張ろうぜ!

ザフラ!応援しっかり頼んだぞ!!
d0170566_12534042.jpg




開会式。

前大会優勝者の開会宣言などあり、
今まで参加した、どの大会にも無かった雰囲気だった。
d0170566_12543138.jpg

なんだろう、このヤル気が漲って来る感覚。
d0170566_12564650.jpg

ずっと想っていたAJPCへの期待・・・
ノッケから、その期待以上だったからかも。

メインコートでは、ワンメイクの投げ練が、
サイドコートで、PC予選の投げ練が始まった。

俺は、サイドコートに行き、投げ練開始。
初めて投げるPCコート。
縦、最長55m。
横、最長25m、最短10m。
ひし形のコート(こういうのってUSコートって言うのかな?)。
d0170566_12581281.jpg

30~40mが、5~6pt。
40~45mで、7~8pt。
45~55mが、10pt。
狙うは、40m以上のみ。

投げ練する人数も多く、その都度並ぶため、1回の投げ練が重要。
8枚持ったディスクを、自分のチェックをしながら軽めで投げる。
まだ肩が温まっていないため、8枚中5枚が7ptエリアで、残りが5ptエリア。
「う~ん、意外と飛んでないな~」
2回目は、少し力を入れて投げてみる。
「なかなかイイ感じだ!」
10ptエリアに3枚は入った。
もうやめとこ。と投げ練終了。

テレビ、AJPCと続き、平日の投げ練を初めて夢中で頑張り、
急激にやり過ぎた結果、右脇が張っていたので、今は無理をしない(笑)

開始の時間が来た。
順番がすぐだから、カラーとサイドコートで待機。
d0170566_130155.jpg

・・・いよいよだ。

名前が呼ばれ「カラー!行こう!」と声をかけ、スローイングエリアに。
ふぅー、と大きく深呼吸し、開始OKのサインを出す。
d0170566_1302728.jpg
d0170566_1324685.jpg

“Ready Go!”のアナウンス。

「カラーーー、ゴー!」で、抑えていたカラーを解放する。
走り出すカラー。
フォームを気をつけ、1投目を投げる。

まぁまぁのスロー、これならカラーも・・・はっ!!
カラーが振り返ってしまった!
「カラー!前っ!前っ!!」
d0170566_135959.jpg

その声で、慌てて前を向き、ディスクにアタックするも届かず、ディスクダウン。
しかし、落ちたディスクをサクッと拾い上げ、
カラーがカラーらしいスピードで帰って来た。
カラーのドロップは最高!
ただ今日もオーバーラン(笑)

急いでディスクを取り、「カラー!カラー!」とカラーをアオる。
イイ顔つきだ♪
「ゴー!」
2投目を投げる。
少し右に垂たが、キャッチできないディスクではない。
「キャーッチ!」
d0170566_136164.jpg

が、カラー惜しくも弾いてしまい、ディスクダウン。
でも1投目同様に、サッと拾い、バビューンと帰って来る(笑)
d0170566_138122.jpg

で、オーバーランで、未央の元へ(爆)

ディスクを拾い「カラー、カム!」と呼べは、バッと戻り、ヤル気満々の顔で、俺を見る。
「カラー!ゴーッ!!」
3投目。
やっぱり少し右に垂た。
しかしカラーがキャッチできないディスクではない。
が、これも弾いてしまい、ディスクダウン。
d0170566_1363636.jpg

ここで残り20秒のカウントダウンが始まった。(PCは20秒前から1秒ずつカウントダウンが流れる)

カラーが帰って来たときには、10秒を切っていた。
次がラストスロー。
こんなに頑張ってるカラーに、どうしてもキャッチさせたい!
残りの秒をフルに使って、カラーとアイコンタクトで意識を集中させた。
「ゴーッ!」
4投目、今度は少し高めに出し、ホバーさせてゆっくり目に落した。
「キャーッチ!」
d0170566_1395226.jpg

パクっ!
d0170566_1392644.jpg

「おぉー!!!やった!」
普段のカラーなら、こっちの方が苦手なのにっ!

帰って来たカラーを抱き上げて、コートを出る。

「カラー、グー!」撫で褒め。
いやいやいや、マジでカラー頑張ったよ!
ひょっとしたら・・・暴走・・・なんて一抹の不安があったのは確か。
カラーのレベルでPCは・・・という不安もあった。
が、そんなこと、一気に吹っ飛んだね!
やはりカラーは、やれるコだ!

カラーのPC予選1R:4投の1キャッチで、6pt。

タープに戻り、PC初ラウンドを終え、「ふぅー」と。
d0170566_13114778.jpg

そして今のラウンドを振り返る。
1投目、自分のフォームに気を取られ、ディスクを出すタイミングが遅かったから、
カラーが振り返ったんだと思う。
2、3投目は、普段のカラーならキャッチできるはずだったのだが・・・。
少し考えた結果、今日のカラーには“DX”が合わないんでは?と。
“COOL”か“WARM”だな。
だけど、持っていなかった( ´Д` )

そこでMさんに相談、というか売り物って持ってますか?って(^^ゞ
もちろん持って来てるはずもなく・・・。
と、AWIの_さんが、持ってるよ!って!!

COOLで良ければと、持って来てくれた。
もちろんキチンとお金を払って譲ってもらおうと思っていたんですよ、
でも「いいから、いいから!使って!」と。
「ありがとうございます!」
お言葉に甘えて、いただいちゃいました♪
・・・このディスクのおかげで、カラーの2R目が・・・( *^皿^)ウフフ

ビオラの出番の2ブロックまで、けっこう時間があったっけ。
それだけ予選の参加者が多いってこと。

目の前では、ワンメイクが行われていた。
Mさんに話を聞き、次回はワンメイクにも参加するぜ!って思った。
d0170566_13133051.jpg

ワンメイク側のメインコートに陣取っていたので、
予選の進行具合が全然分からなかった。
なもんで、ちょいちょいサイドコートに足を運び、チェック。
これまた予選側のアナウンスの音量も小さかったから困った。

1ブロックが終わった。
というか、気付いたら2ブロックの投げ練をしているようだった。
焦ってディスクを持ち、投げ練へ。

ビオラとは、ロングレンジ一本で挑戦する。
40m以上しか狙わない。
8枚投げて、4枚は10ptエリアで、残りが7ptエリア。
「投げれる。無茶せずに俺にでも10まで投げれるぞ!」

テレビでロングの練習をし、その後ステップなしの練習をしたこと・・・
無駄じゃーなかったんだって、一気にスローへの自信が出た。
「やれる!」って、勝負できるって。

2ブロック開始。
ビオラは7番目。

タープから距離があるので、早めに行き、コート脇で待機。
本番でいきみ過ぎないよう、発散用ディスクでビオラにキャッチさせる。
「アウト!」でポロっと。
おや?意外とディスクを離すの素直だぞ。
またキャッチさせ、「アウト!」でポロ。
「ビー!グッド!!」

来た。
遂にビオラの順番が来た。
「よし、やろう!ビオラっ!」

スローイングエリアに着く。
リードとカラーを外す。
ビオラのスイッチは入っている。
アイコンタクトでそれは分かる。

OKサインを出す。
“Ready Go!”のアナウンス。
「ビオラ、ゴー!」
d0170566_12294269.jpg

1投目が肝心。
カラーの時と同様に、フォームに気をつけ、力を込め投げる。
イイ感じだ♪
ディスクを追い、走るビオラ。
ディスクの軌道、ビオラのタイミング、共にバッチリだ!
「キャーッチ!」
ビオラだからと、安心して見ていた・・・が!
いつものビオラなら、普段のビオラなら、難なくキャッチできただろうディスクを、ファンブル!∑(゚д゚;)
d0170566_12313589.jpg

1投目をディスクダウンしてしまった。
俺の記憶には、ビオラの大会中のファンブルって覚えがなく、焦った。
思わず振り返り、未央に「マジか!」って。
だが、そのあとのフォローも早く、ビオラが素早く戻って来た。
d0170566_1233144.jpg

「アウト!」
これも大会だといつもなら、ビオラ自身も力が入り、なかなかディスクを離さないのだが、素直だった。

分かってるんだ、ビオラも今日がいつもと違う大会、雰囲気だってことを。
ビオラもビオラなりに緊張しているんだな。

1投目がミスっても、要は残りを全てロングに入れれば良いこと。
俺の切替えは早かった。

2投目。
「ビー!ゴッ!!」
ステップなしで、力を溜めて、ディスクを投げる。
自分自身にヘンな動揺もなく、しっかりと投げれた。
1投目と似た軌道だ。
d0170566_1234308.jpg

「ビー!キャーッチ!」(心で、お願いっ!)
バクっ!!
d0170566_12381813.jpg

ヨッシャー!
ビオラ、2投目にしてPC初キャッチ!
そして抜群のスピードで戻って来る。
d0170566_12374263.jpg

ディスク離れもイイ感じだ♪

「ビー、ゴ、ゴー!」
3投目を焦らずに投げる。
自分はディスクを、高く山なりにだったり、ハイザーでカーブを掛けたりとかはしない。
まぁ、しないと言うか、下手っピーだがらやらない、が正しいか(笑)
それより直線、ライナー気味にできるだけ速度の速いディスク。
ウィのカラーとビオラには、それが合ってるし、それで十分。
これもそういった軌道。
それにサクッと追いつくから、見ていて惚れ惚れする♪
「キャッチー!」
d0170566_12393379.jpg

シャッとキャッチし、バビューンと戻る。

今までなら、この3投目を戻って来たときに、5秒前とかけっこうギリギリなことが多かった。
が、今日は十数秒は残っていたと思う。
ビオラがポロっとドロップするのであれば、ここでチョロを1投入れたいところだが、
少しはドロップに手こずるから、次が最後の1投だろう。

4投目。
これも普通にイイ感じのスロー(*^^)v
ビオラも、ノッて来ているのが分かる。
「キャッチ!」
d0170566_12394558.jpg

ここで5秒前くらいだったかな。
d0170566_12404235.jpg

これもキャッチし、ビオラが戻って来て、終了のブザー。
うわっ!もう少しで5投イケた!
d0170566_12415339.jpg

ビオラを抱きかかえ、コートを出る。
そして撫で褒め♪
「ヨーシ!ヨシ!ビオラ、グーッド!!」

ビオラのPC予選1R:4投の3キャッチで、18pt。

タープに戻る。
3キャッチの18ってことは、6の3?
カラーも6だし・・・
なに?俺、5-6エリアにしか投げれてなかったのか!?

自分に、がっかりだった。
今日は投げれてるって思っていたのだが、全然飛ばせてない事実。
緊張していないとか言いつつ、きっと横アウトとか、ビビってセーブして出し切れてないんだな。
まぁ、投げ練通りにはいかないにしろ、せめて7-8エリアには投げ込みたかった・・・。

「18ptかぁ~、キツいな~」

午後の2R目までは、かなりの待ち時間。
d0170566_12425970.jpg

ワンメイク、予選の両方の1Rが終了。
ここで、アトラクション競技『 5 on 5 』
JFA、NDA、AWIそれぞれから、選ばれし5チームが1Rずつ競う。
d0170566_1243554.jpg

カッコイイ!
d0170566_12433150.jpg

みんな、チョーカッコイイ♪
d0170566_12443734.jpg

応援していたのは、もちろんAWIチーム☆彡
d0170566_12442346.jpg

オレンジのTシャツが、またカッコ良かった♪
d0170566_12462539.jpg

皆さん、お疲れ様でした(^O^)/
d0170566_12464485.jpg

結果は、NDAチームの勝利だった。
d0170566_1246284.jpg

おめでとうございます♪

さーて、2R目に向けて準備だ!

・・・
2R目、1ブロック目の投げ練が始まった。
もう後がないんで、本気で勝負をかけるしかない。
「もうアウトになっても仕方ないから、ロングで行くよ」
と未央に告げ、コートに向かった。

カラーには、ミドルレンジで良い。
だが、その練習はもう必要ないから、この時間でもロングの練習。

1R目とは、スローイングエリアが逆になる。
風は、時折り追い風だったり、向い風になったり・・・だが穏やかで、影響はない。

心で叫ぶ「ここまで来て、なにやってんだ俺は。ビビってんじゃーねーよっ!」と。

8枚中6枚は10ptエリアに届いていた。
「くそっ、行けんじゃーねーかよ。しっかり投げろって。」自分に言い聞かす。

譲ってもらったカラー用のCOOLも投げる。
7-8ptに届く。

投げ練の時間が終了。
急いでタープに戻り、カラーとコートへ。
順番まで、脇で待機。
「カラー、頑張っちゃおうな♪できるから、カラーならできるからな」

順番が来た。
カラーの2R目だ。

スローイングエリアに入る。
カラーのスイッチは、完全に入っていた。

リードを外し、OKのサインを出す。
“Ready Go!”
d0170566_12485335.jpg

「カラーー、ゴーッ!」
d0170566_12492319.jpg

と、素早く1投目を投げる。
1R目の1投で、投げ出しが遅れ、カラーを迷わせてしまったから。

ディスクは、ミドルレンジへ。
「カラー!キャーッチ!」
バチン!とディスクを弾いて、惜しくもディスクダウン。
でもサクッと拾い、素早く帰って・・・オーバーラン(笑)

「カラーーーー!ゴーーッ!」と、1投目のときよりもテンションを上げた。
2投目もミドルレンジへ。
「キャーッチ!」
パクっ!
やった♪
その勢いのまま、良いスピードで帰って来る。オーバーランだが(笑)

「よし、カラー!次イコ!」
ドロップしたディスクを拾い、そう言ってカラーをスローイングエリアに戻す。

「カラーーーー!ゴッ!」
3投目。
これもミドルレンジへ。
迷うことなくディスクを追うカラー。
あの、あの、本当にあのカラーなのか?と思うほど立派な姿だった。
「キャッチー!」
パクっ!
おぉー!!カラー!!キタキタキタ―!!!
そしてオーバーランは変わりないが、素早く戻り、ポロっとドロップ。

これが最後のスローだな。
「カラーーカラーーカラーー!!ゴーーーー!」
カラーに、今日一のテンション上げをし、4投目。
ヨシ!
これもミドルレンジ、いつも最後の1投が乱れる俺だが、今日は投げれた(*^^)v
「キャーーーチ!!」
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・パク!
その瞬間、鳥肌が立った。
d0170566_125187.jpg

グーーーーー!!
カラー、グーーーー!!
そう言って、戻って来たカラーを抱きかかえる。

コートから出て、メッチャ撫で褒め。
未央も負けじとカラーを撫で褒め。

カラーのPC予選2R:4投の3キャッチで、16pt。
全て5-6ptエリアで、2ランニング+1ジャンプキャッチだった。

1,2R合計で、22pt。
予選突破の夢は、叶わなかった。
いや、始めはカラーには悪いが、カラーで予選突破は狙っていなかったはず。
ビオラが出るなら、駄目もとでカラーも挑戦してみよう・・・と。
だがどうだろう、この2R目のデキ。
いいや、1R目だってそうだ。
キャッチは、できなかったが、それは使ったディスクがカラーに合わなかったからだ。
1R目からCOOLを使用していれば・・・十分突破を狙えたじゃないか!

というか、
カラーが、この大会中に大きく成長した。
カラーは、デキルし、ヤれることを皆に証明した。

いつも何かやってくれそうな、そんな期待を持たせてくれるカラー。
そのカラーが、このAJPCで立派に戦ってくれた。
恥じるようなことなく、堂々とプレーした。
俺は、それだけで、十分に満足だった(*´ェ`*)

「カラー、お疲れ♪スゲーな、やるじゃんかよっ、カラー♪」

タープに戻る。
「さてと、次はビオラだ」

次、勝負だ。
「ビオラ、俺たちならデキル。一緒にやろうな、ビオラ♪」
コットで横になりながら、ビオラと語らう時間が持てた。

しばらくして、凪家が応援に来てくれた(^O^)/

「1度ディスクの大会を観てみたい」と言われていた凪家。
だったら今回のAJPCが、運良く凪宅と同じ長野県だし、
どうせ観るなら最高の舞台をと、誘ってみたのだった。

JやN、Aのプレーヤーたちをいっぺんに観れることって、ココぐらいだもんね。
でもビオラが終わるまでの時間、ろくにお話できずにすみませんでした(^^ゞ

2ブロックの投げ練が始まる。
俺もコートに走り、投げ練開始。

イイ感じで投げれているので、1回8枚投げて終えた。

タープに戻り、ビオラのアップ。

・・・準備はできた。

PC予選、2ブロックが開始。
サイドコートへ向かう。
順番が近付くにつれ、ビオラとテンションを高めていく。
d0170566_1256172.jpg

名前が呼ばれた。
「ビオラ!やろう!!」
ポンとビオラの尻を叩き、スローイングエリアに入る。

カラーとリードを外し、OKサインを出す。
d0170566_1256763.jpg

ふぅーーーと深呼吸。
“Ready Go!”

「ビオラっ!ゴーッ!」
グッと力を溜め、ゆっくりテイクバックを取り、1投目。
ヨシ!投げれてる。
「ビー!キャッチ!」
パク。
「ビー、グッド!! カーム!」
バビュンと戻るビオラ。

「ビー!ゴッ!」
同じく焦らず、ゆっくり溜めを作っての2投目。
やや低く速いディスクだが、ビオラには問題ない。
ただ、少し風に煽られディスクが上下に揺れていた・・・
「キャーッチ!!」
っ!?
ディスクを弾き、ディスクダウン。
そのフォローも早く、バビュンと戻るビオラ。
d0170566_12572690.jpg

ここで焦ってはいけない、と自分に言い聞かせ・・・
「よし、ビオラ、ゴ、ゴ、ゴーー!」
しっかり溜め、3投目。
2投目を意識し、少しだけ高くなった。
風でやや右に流れたが、ビオラは余裕で対応。
「キャッチ!」
パク。
ヤベ!サイド、ギリギリだった。
「ビー、カーム!」
ビオラの戻りのスピードは、ピカイチだ!
d0170566_12592871.jpg

だが残り時間からして、次の4投目が最後。
チョロはなし!
「ゴーッ!!!」
テイクバックをしっかり取り、4投目。
ヨッシャー!イケー!!ビオラっ!

ディスクはロングエリアへ・・・
が、これもやや右に流されて・・・
「キャーーッチ!」
パク!
しかしジャッジが横アウトのサイン。
ヤベ~泣きそう、、、。

キャッチしたビオラが戻って来る。
ここでタイムアップ。
ビオラを抱き、コートの外へ。

「グー!ビオラ、グッド!ありがとな、ビオラ」

ビオラのPC予選2R:4投の3キャッチ(1アウト)で、16pt。
有効だった2キャッチは、7-8ptエリアの、2ジャンプキャッチだった。
ラストのアウトは、10ptエリアだった・・・。

1,2R合計で、34pt。

我が家のAJPC初挑戦は・・・終わった。

今回の予選突破ボーダーラインは、42、3pt。

無理なポイントじゃなかった。
カラーもビオラも十分に狙えるポイント。
だけど、突破できなかった。

それは、俺に足りないものがあったから。
それがよーく分かった。

結果的には、翌日のPCに残れなかったわけだから、惨敗。
しかしカラーとビオラ、個の能力と技術は、全然イケてた。
今回、俺自身の負けを痛感。

カラーも、ビオラも本当によく頑張ってくれた。
J、N、Aに参加しているわけでもない俺たち。
あれ、誰?
と思った人も居たと思う。
そんなアウェー感イッパイな中でも、十分に戦えたし、手応えを感じられた。
とにかく得るものがたくさんあった。
それもこれも、カラーとビオラが、ディスクでの遠征が初だったというのに、
最高のパフォーマンスを見せてくれたおかげだ。
やはり、お前たちは、最高のパートナーだ!
ありがとう(^O^)/

そしてコーシングにしか参加していない我が家でも、
応援してくれたAWIの方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱい。
ありがとうございました♪

凪家も応援ありがとう(*^^)v
予選突破というカッコイイところを見せられなかったのは残念だったけど、
イイとこ見せなきゃと、ビオラとの最終ラウンドは、
今の自分で一番のプレイができました。

カラーとビオラのPC予選が終わった瞬間、来年リベンジを心に決めた。
俺に足りないものを克服し、またAJPCのコートに立とうと・・・。

・・・・・
ヤリ切った感と、まだ残る悔しさで、しばらくタープで動けなかった。
我が家だけだったら、きっとしばらくビオラとの最後のスロー(アウトになったやつ)を、
ずっと引きずっていたと思う。

凪家と会話しているうちに、その気持ちが切り替えられた。
サンキューです(*^^)v

PC予選も全エントリーが終わり、ワンメイクの決勝ラウンドを、じっくり見物した。
勝つチームは、プレーヤーの技術もそうだが、チーム力が素晴らしい!
お互いを良く理解してプレーしているのが凄く伝わってきた。
大舞台で勝つ!
これほどカッコイイことはないよなぁ~(*´∀`*)
入賞した皆さん、おめでとうございます!!

表彰式。

なんと我が家、ナイスコメント賞なる『大会に華をくれたで賞』を頂きました(笑)
d0170566_13114952.jpg

あはは(o´∀`o)ノ
d0170566_1313631.jpg

ここでも、みごとにジャンケンで負け・・・
d0170566_13134458.jpg

蕎麦をゲット!ありがとうございました♪
d0170566_13141044.jpg

そのあと、ベストショット賞でビオラの名前が呼ばれ、もう大喜び!!
やった!やった!って、写真を受け取りに行ったのだが・・・ビオラの写真はなく・・・
別のブリンドルのウィの写真が。
で、「すみません、間違いました!」だって。
すっげーガッカリだったよ。

この賞を楽しみにしている参加者も居るってほど、嬉しい賞なのに・・・
表彰の間違いほどツラいものって無いんだけどね~。

コメント賞だけでもラッキーか(笑)
d0170566_13161185.jpg

表彰式も終わり、片付けを済ませ・・・ここで凪家とお別れ。
凪ちゃん!また遊ぼうね♪

我が家は、風呂へ。

ここでAJPCに参加のマリオ家さんたちと出会った。
と言っても「お疲れさまでした」と挨拶を交わした程度だったのですが・・・(笑)

風呂を出たあと、向かったのは池田町。
そこで、なんと今日29日から1週間だけ『第15回 花見ほたる祭り』が開催との情報!

自然の蛍を見たことがない未央に、チャンス到来!!

大きなスーパーの駐車場に車を停め、そこから無料シャトルバスで、“花見ほたるの里”へ。

夜になって、雨が降ったり、止んだりと不安定な天気で、「蛍飛んでるかなぁ~」と心配。

バスを降り、100mほど歩いていると・・・「あっ!ホタル!」との声にそっちを見てみると・・・
ユラ~リと飛んでいる蛍を発見!!
「こんなに明るく光るんだ」とびっくり。

もう少し歩き、ほたる水路まで来ると・・・
「うわー!!こんなにいっぱい居るとは!!」
そこは、まさに幻想の中。
蛍の幻想的な乱舞が至る所で、繰り広げられていた(o´∀`o)ノ

自然の蛍を初めて見た未央よりも、俺の方が感動してたかも(笑)

写真や動画に撮ろうとしたのだけれど、駄目だった・・・(´ω`;)
でもしっかり自分の目と記憶に焼き付けてきたからOKでしょ!

いやー実にラッキーだったな♪
念願のAJPCに参加でき、そして夜に蛍まで観れて( *^皿^)v

このあと遅めの夕飯を食べ、
「道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里」に舞い戻り、車中泊。


明日を迎えたのでした。



-------------------------------------------------------------------------------------------
今回も最後までのお付き合い、ありがとうございました。
[PR]

by ダカラ家 | by daicalavio | 2013-09-30 15:24 | ドッグスポーツ


<< AJPC2013 IN AZU...      5-6月のまとめ >>


お気に入り
メ モ